トップ > 腸内環境が悪化するとどうなるか

腸内環境の悪化と便秘

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢などの排便にかかわる機能障害を起こします。腸はデリケートなものであり、生活習慣の乱れやストレスなどによって腸内環境はよく変わります。

善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることは腸内環境を考えるうえで非常に大事なことですが、どうすれば悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を増やすことができるのか。悪玉菌が増えるとどのようなことになってしまうのか。

ここでは、それらについて詳しく説明します。

なぜ腸内環境が悪化するのか

腸内環境が悪化するおもな原因は【便秘】です。便秘というのは食べ物のカスが腸内に長く停滞した状態のことですが、長くとどまった食べカスは腐敗して、腸内環境を悪化させます。

この腐敗には悪玉菌のはたらきが関係しています。肉類の食べ物を食べると、ふつうは胃や小腸で分解・吸収されますが、いっぺんに大量に摂ったり、胃や小腸が疲れていたりすると、きちんと消化されずに大腸まで運ばれます。

それらのタンパク質は、悪玉菌の大好物。悪玉菌は未消化のタンパク質を分解・腐敗させて、有害物質をつくりだします。これらの有害物質が便秘や下痢、肌荒れの原因になります。

便秘になりウンチが長く滞留すればするほど、悪玉菌にとって絶好の腸内環境となり、悪玉菌は増殖しますし腸内環境は悪化していくのです。腸内環境の悪化は便秘の長期化をまねくので、悪循環にはいってしまいます。

悪玉菌が増える原因

悪玉菌が増える原因としては、ほかに「食生活の乱れ」「生活習慣の乱れ」「自律神経の乱れ」「ストレス」などがあります。

上記のように、悪玉菌はタンパク質をエサにしているのですが、食生活が乱れて肉類ばかりを食べるような状態になってしまうと、悪玉菌が増えるかっこうの原因をつくることになります。

なるべく食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類などを摂るようにして、有害物質と悪玉菌を排出できるような食生活を心がけることが大事です。

生活習慣の乱れも、悪玉菌を増やします。不規則な時間にとる食事、睡眠不足、運動不足などが重なると、悪玉菌の増殖がすすみます。なるべく食事や睡眠をとる時間は一定にして、スポーツを日々の生活に取りいれることが望ましいです。

自律神経の調整も重要です。自律神経とは、意識とは無関係にカラダの動きをコントロールしている神経で【交感神経】と【副交感神経】の 2つがあります。これらが交互にバランスを取りながら、心身を整えています。

興奮時に優位になる交感神経のはたらきが活発になっている時間が多いと、疲れやすくなります。そんなときはリラックスモードのときに優位になる副交感神経を取り戻すために、深呼吸やバスタイムなどを利用しましょう。

副交感神経は腸の動きをコントロールしており、自律神経の乱れは腸内環境に直結します。バランスが乱れないように、ふだんから夜はリラックスする時間を取り、遅い時間の飲食などを避けるようにしましょう。

そして、ストレスも悪玉菌を増やす要因のひとつです。ストレスは自律神経を乱して、間接的に腸内環境を悪化させます。趣味や音楽、スポーツなどをうまく利用して、ストレスとうまく付き合うようにしていきましょう。

便秘とおならの臭い

便秘とおならの臭いには関連があります。便秘になり腸内環境が悪化して、悪玉菌が増殖すると、悪玉菌がタンパク質を腐敗させて発生する有害物質の量が増えます。

そうしてつくられる有害物質【アンモニア】【インドール】【スカトール】【硫化水素】などは、便やおならの臭いのもとになります。そのため、便秘によって悪玉菌が増えると、おならの臭いもくさくなるのです。

また、有害物質がそのまま肛門から出ていけばおならですが、腸壁から吸収されて全身へ送られ、肺に入れば口臭の原因になり、皮膚にいけば体臭の原因となります。

そもそも悪玉菌を増やさないこと、またタンパク質を摂り過ぎないこと、そしておならをなるべく我慢しないことが大事です。おならの臭いが強くならないように、悪玉菌が増えない腸内環境をつくりましょう。

免疫力が落ちる

善玉菌と悪玉菌のバランスは、どちらか一方に偏ります。悪玉菌が増えると、善玉菌は減ってしまうのです。

善玉菌は免疫細胞を刺激して免疫力アップに貢献していますが、悪玉菌が増えるとそのはたらきが弱くなってしまいます。そのため、悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなるだけでなく、免疫力の低下も起きてしまいます。

なるべく悪玉菌を増やさない、腸内環境を良好に保つということがとても大切な理由は、そこにもあるのです。

腸内環境を改善するオススメのサプリ

腸内環境を改善するには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を配合したサプリを摂るのが近道です。オススメなのが【ビヒダス BB536】です。

ビヒダス BB536

ビヒダス BB536
【菌種と数】ビフィズス菌BB536株 150億個
【内容量】1袋 60カプセル入り
【単品価格】3,670円(税込)
【定期初回】2,750円(税込)
【配送料】無料(定期コースの場合)

森永乳業のビヒダス BB536は 150億個のビフィズス菌が配合されたサプリメント。まさに腸内環境を改善するための専用サプリです。

独自技術によって、世界30ヶ国以上で使われている【ビフィズス菌BB536株】が生きたまま大腸まで届きます。1日分は1.5kcalなので続けやすいのも良いところ。腸内環境改善のためのサプリなら、ビヒダス BB536がオススメです。

ビヒダス BB536の詳細を見る

このページのトップへ

トップページ