トップ > 便秘解消に効く乳酸菌の一覧

整腸作用のあるビフィズス菌と乳酸菌

乳酸菌やビフィズス菌の効果として、多くの人が期待するのが便通改善の作用だと思います。

よく便秘にはヨーグルトが効くと言われますが、その理由はヨーグルトに含まれている乳酸菌などにあります。ヨーグルト(はっ酵乳)には1mlあたり1000万個以上の乳酸菌や酵母が含まれているため、整腸作用を期待できるのです。

実際に、いろいろなビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)やラクトバチルス(乳酸桿菌)、ラクトコッカス(乳酸球菌)を使った試験で、便秘予防や解消が期待できるという結果が出ています。

ぜんどう運動を促進する

なぜ乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると便通が改善できるのでしょうか。それは、それらの善玉菌が腸内でつくりだす物質のおかげです。

乳酸菌などは基本的には胃酸や胆汁酸に弱く、排便に関係している消化器官である大腸に届く前に死滅してしまいます。しかし、中には胃酸に強い菌もあり、それらは生きたまま大腸まで届き、その効果を発揮します。

腸は【ぜんどう運動】と呼ばれる筋肉の動きで、便を肛門の近くまで押し出していきますが、ガンコな便秘になっている場合はこの動きが弱まっている可能性があります。

そこでビフィズス菌などの出番です。腸内の善玉菌には、ぜんどう運動を促進する働きがあるのです。

具体的には、乳酸菌が酸性する乳酸、ビフィズス菌が酸性する乳酸と酢酸が腸を刺激して、ぜんどう運動を促進します。それによって、便秘解消が期待できるというわけです。

悪玉菌を抑制する

腸内の善玉菌がつくりだす乳酸と酢酸、そしてそれらが変化した酪酸やプロピオン酸などのいわゆる短鎖脂肪酸には、悪玉菌を抑制するという作用もあります。

慢性的な便秘になっている場合、腸内ではアンモニアやアミン、硫化水素、フェノール、インドール、スカトールなどの有害物質が増えてしまっている可能性があります。つまり、腸内環境が悪化している状態です。

善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を継続して摂取することで腸内が酸性に保たれて、より酸に弱いウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌を減らすことができます。

その結果、それらの悪玉菌が発生させる有害物質が少なくなり、腸内の腐敗が抑えられて、腸内環境が良好になるのです。

整腸効果を期待できる乳酸菌

  • ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536
  • ビフィドバクテリウム・ロンガム・JBL01
  • ビフィドバクテリウム・アニマリス亜種ラクティス・BE80
  • ビフィドバクテリウム・ラクティス・FK120
  • エンテロコッカス・フェカリス・EC-12
  • エンテロコッカス・フェシウム・JEF01
  • ストレプトコッカス・サーモフィラス・1131
  • ペディオコッカス・ペントサセウス・OS
  • ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC
  • ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・GCL1176
  • ラクトバチルス・パラカゼイ・KW3110
  • ラクトバチルス・ガセリ・SBT2055
  • ラクトバチルス・カゼイ・N-1
  • ラクトバチルス・カゼイ・シロタ
  • ラクトバチルス・プランタラム・HSK201

ビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536)には、便通改善のほかにも、花粉症の症状緩和、インフルエンザ予防、免疫力向上などの効果を期待できます。

BB536を含んでいる乳酸菌サプリは、森永乳業の【ビヒダス BB536】です。

フェカリス菌EC-12株(エンテロコッカス・フェカリス・EC-12)には、ほかに免疫力アップ、花粉症軽減などの効果を期待できます。この菌を含んでいる乳酸菌サプリは、久光製薬の【乳酸菌(EC-12)】です。

クレモリス菌FC株(ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC)には、ほかに免疫細胞の活性化、風邪やインフルエンザ感染予防、アトピー性皮膚炎予防、肌荒れ改善などの効果を期待できます。

この菌を含んでいる乳酸菌サプリは、フジッコの【善玉菌のチカラ】です。

このページのトップへ

トップページ