トップ > 免疫力を高める乳酸菌の一覧

乳酸菌の免疫力増強作用

人間の体内には、たくさんの免疫細胞があります。たとえばナチュラル・キラー細胞(NK)細胞、好中球、マクロファージ、樹状細胞、T細胞、B細胞などです。

これらの免疫細胞が、カラダの中を巡回して侵入した病原菌をやっつけたり、体内で発生したガン細胞を壊したりすることで、わたしたちを感染症などから守ってくれています。これを一般的に【免疫力】といいます。

体内にはいろいろな免疫細胞がいたるところに存在しますが、特に多く存在するとされているのが、腸です。食べ物は最終的に腸にいきつくので、それとともに非常に多くの抗原(アレルゲン)が毎日、腸に入ります。

そして、腸では栄養の吸収をおこなうため、病原菌やウイルスにとっても侵入のための入り口となっています。腸での侵入を防ぐことは、非常に重要なのです。

そのため、腸には全体の60〜70%もの免疫細胞が集中していると言われています。

いわゆる【腸管免疫】と呼ばれるものですが、そこに存在する免疫細胞の活性化には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が密接にかかわっています。

免疫力が上がる仕組み

乳酸菌を摂ることで、免疫力が上がるのはなぜなのか。その理由は、免疫細胞と腸内の善玉菌との関係にあります。

腸の上皮細胞には、乳酸菌などと結合する【トル様受容体】というものが存在します。英語で言うと【Toll-like receptor】なので、TLRと略します。

人間のトル様受容体(TLR)は10種類程度あることがわかっており、それぞれ結びつく相手が決まっています。その中の何種類かが、ビフィズス菌や乳酸菌、また日和見菌のバクテロイデスなどの菌体成分と結合します。

TLRがこれらの微生物の成分と結合すると、細胞内に信号が走って、免疫細胞がスタンバイの状態になります。それによって、免疫力が増強されるというわけです。

少し専門的な話になってしまいましたが、特にこの仕組みを理解する必要はありません。多くの試験によって、いろいろなビフィズス菌や乳酸菌などによる免疫力アップの作用が確認されています。

腸内環境を整えることの重要性

免疫力を維持する、高めるという観点からも、腸内環境を整えることはとても大事です。

善玉菌が少なく悪玉菌が活発になっている状態、つまり腸内環境が乱れた状態になれば、免疫力は低下します。腸内で発生した有害物質が体内に吸収されてしまうだけでなく、ウイルスなどの侵入を容易にしてしまいます。

上記のとおり、善玉菌を摂取することで免疫力を高めることができますが、一方で生活習慣が乱れていては、腸内環境は良くなりません。

ヨーグルトや乳酸菌サプリメントなどを摂取するだけでなく、日常生活を、免疫力が下がらないようなカタチで送ることが大事なのだと思います。

免疫力アップを期待できる乳酸菌

  • ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536
  • ビフィドバクテリウム・ラクティス・HN019
  • ビフィドバクテリウム・ラクティス・Bb-12
  • ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC
  • エンテロコッカス・フェカリス・EC-12
  • ラクトバチルス・ブレービス亜種コアギュランス(ラブレ菌)
  • ラクトバチルス・カゼイ・シロタ
  • ラクトバチルス・カゼイ・BC90(アルビン菌)
  • ラクトバチルス・ガセリ・SBT2055
  • テトラジェノコッカス・ハロフィラス・Th221(KK221)

ビフィズス菌BB536(ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536)を含んでいる乳酸菌サプリメントは、森永乳業の【ビヒダス BB536】です。

フェカリス菌EC-12株(エンテロコッカス・フェカリス・EC-12)は久光製薬の【乳酸菌(EC-12)】、クレモリス菌FC株(ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス・FC)はフジッコの【善玉菌のチカラ】に含まれています。

また、上記の乳酸菌を含んでいるヨーグルトとしては、ビフィズス菌BB536を含む森永乳業の【ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト】、クレモリス菌FC株を含むフジッコの【カスピ海ヨーグルト】。

乳酸菌シロタ株を含むヤクルトの【ソフール プレーン】などのソフールシリーズ、ビフィズス菌HN019を含む日本ルナの【ビフィズス菌のむヨーグルト】などがあります。

このページのトップへ

トップページ