トップ > 腸内環境と善玉菌

腸内環境と善玉菌のはたらき

腸内環境を考えるときに欠かせないのが腸内細菌のはたらきです。とくにビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌については、腸のぜん動運動をうながして便秘解消に効果を発揮したり、免疫細胞を刺激して免疫力を上げたりと大活躍します。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすような食生活、生活習慣が必要となります。それほど重要なはたらきをする腸内細菌とは何なのか。ここでは、それについて詳しく説明します。

腸内細菌とは

腸内細菌とは、腸のなかにすんでいる細菌のことです。人間にの腸にも動物の腸にも細菌がすんでいますが、これらの腸内細菌は生命活動に大きく関与しているものがあります。

腸内細菌には【善玉菌】【悪玉菌】【日和見菌】の 3つのグループがあります。

善玉菌は人間にとって有益な活動をする菌で、悪玉菌は反対に有害な活動をする菌です。日和見菌はふだんは目立った活動はしませんが、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れたときに、優勢なほうに加担してそのはたらきを助長します。

これらの菌の集まりを腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)、または腸内フローラといいます。フローラは女神の名前で、顕微鏡で見たときに菌の集まりがつくる景色が花畑のようであることが由来とされています。

これらの腸内細菌をうまくコントロールすることが、腸内環境を整えるうえでとても大事です。

善玉菌と悪玉菌のはたらき

善玉菌には「消化や吸収をおこなわれやすくする」「有機酸をつくって腸のぜん動運動を刺激する」「腸内を酸性にして悪玉菌の活動を抑える」「免疫細胞を刺激して人体の抵抗力を上げる」というはたらきがあります。

悪玉菌には「タンパク質を腐敗させて有害物質をつくる」「腸内環境を乱して便秘や下痢、肌荒れなどの要因をつくる」というはたらきがあります。

悪玉菌がまるで悪者ですが、人間のカラダにとって有害なはたらきをするものを便宜上そう呼んでいるので、悪い活動をするのはあたり前ですね。

さて、善玉菌と悪玉菌はたえず勢力争いをしており、その拮抗がくずれると腸内フローラのバランスがどちらかに偏り、腸内環境が良くなったり悪くなったりします。つまり、腸内環境を良くするには善玉菌を増やすことが大切なのです。

ビフィズス菌と乳酸菌

善玉菌も悪玉菌も、細かく見るといろいろな種類があります。善玉菌にはおもに 2つあり、ひとつは 99.9%以上をしめる【ビフィズス菌】、もうひとつは 0.1%以下しか存在しない【乳酸菌】です。

ビフィズス菌はいままで、人間の腸内にすむものは10種類ほどが見つかっており、カラダにとって有益なはたらきをする代表的な善玉菌として知られています。ちなみに、動物の腸内では乳酸菌のほうが多く、ビフィズス菌は少ないそうです。

乳酸菌はまだ全容が解明されていませんが、数が少ないからと見くびってはいけません。乳酸菌にはビフィズス菌がすみやすい環境をつくったり、悪玉菌を抑制したりするというはたらきがあります。

ビフィズス菌は糖から乳酸と酢酸を、乳酸菌は乳酸のみをつくります。これらの有機酸が悪玉菌が増えるのを抑えたり、腸壁を刺激してぜん動運動をうながしたりして、人体に好影響を与えるのです。

いろいろな乳酸菌

乳酸菌にはいろいろな種類があります。そしてそれぞれのはたらきについて、食品会社などの研究機関によって、その仕組みが解明されてきています。

たとえば【フェカリス菌】(エンテロコッカス フェカリス)については、伊藤園中央研究所による試験によって、継続的に摂ることで花粉症の症状緩和効果を得られることがわかりました。

また【R-1乳酸菌】は、継続的な摂取によって風邪にかかるリスクを低下させることや、カラダの免疫をになう【ナチュラル・キラー細胞】(NK細胞)を活性化させて、インフルエンザに対する抵抗力を上げることなどがわかりました。

腸内環境を改善するにあたって、ビフィズス菌や乳酸菌などの摂取を念頭においておこなうことで、便秘や下痢などの解消だけでなく、風邪やインフルエンザに対する抵抗力を上げることもできるかもしれないのです。

腸内環境を改善するオススメのサプリ

腸内環境を改善するには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を配合したサプリを摂るのが近道です。オススメなのが【ビヒダス BB536】です。

ビヒダス BB536

ビヒダス BB536
【菌種と数】ビフィズス菌BB536株 150億個
【内容量】1袋 60カプセル入り
【単品価格】3,670円(税込)
【定期初回】2,750円(税込)
【配送料】無料(定期コースの場合)

森永乳業のビヒダス BB536は 150億個のビフィズス菌が配合されたサプリメント。まさに腸内環境を改善するための専用サプリです。

独自技術によって、世界30ヶ国以上で使われている【ビフィズス菌BB536株】が生きたまま大腸まで届きます。1日分は1.5kcalなので続けやすいのも良いところ。腸内環境改善のためのサプリなら、ビヒダス BB536がオススメです。

ビヒダス BB536の詳細を見る

このページのトップへ

トップページ